ゴミ処理

有機性廃棄物の処理のプロセスと特性:<混合時間は、処理材料と粉砕状況によって異なります>
自社開発の混練廃棄物処理機を使用し、約30分の攪拌処理後、機外に排出し、古い保管方法で積み上げ、所定の形状にして約2週間熟成させます。 このように、熟成した処理済み基質を使用し、循環菌株として繰り返し再処理し、有機性廃棄物を混合する前に再び処理済み基質の混合槽に戻すたびに、有機性廃棄物と再び混合する。

特徴1 産業廃棄物処理機・家庭廃棄物処理機の分解材
特徴2 は素材の特性を活かせる加工機であれば使用可能
特集3 自治体の大規模焼却プラントと集中工場

前の記事

鍼とマッサージ入学

次の記事

紫丁香轮