千年之約–之卓球世界

1971年、中国の卓球チームは日本に行って第31回世界卓球選手権に参加しました。試合後、中国はアメリカの卓球チームに中国を訪問しました。中国を訪問して、「卓球外交」として知られる40年以上のあいだ、中国と米国の間で新たな交流が始まりました。ピンポン外交は、新中国の外交史における不滅の物語であり、「小さな球が大きな球に変わる」として国際世論から評判です。日本の佐藤内閣は中国との外交関係を正常化する意向を発表した。1972年9月、公明党の朱公宜生が中国を訪問した後、周恩来中国首相(当時)が田中角栄(当時)首相を中国に招待し、歴史的な中日首脳会談が実現した。数日間の会談の後、両国の指導者たちは日中共同声明を発表した。日中国交正常化後、両国は声明で発表された「日中平和友好条約」の締結に向けて動き出した。それ以来、卓球外交は中国の西側先進国や日本との貿易の正常化を打ち破りました。
スポーツワールドパークでは、友だちとエクササイズをしながら、友達とボールで出会い、エクササイズの目標を達成します。周囲の美食世界、夢幻世界、博幻世界はすべて、競争の後に進むのに適した場所です。

前の記事

日本旅行

次の記事

自社商品