千年之約–之博幻世界

弥生時代以来、日本は中国本土からの移民によってもたらされた稲作と青銅色の鋳造技術を受けてきました。中国系移民は主に本州西部と北九州に居住しており、これらの地域に住む先住民族は移民主導で日本人の進化を促進しています。日本は移民を受け入れる国ではありませんが、時代はそれぞれに起源があり、これまでに中国から大規模な移民を5回経験しています。

日本と中国の文化的関係は古くから非常に密接です。衣服、食物、住居、旅行、結婚、葬式、儀式、日本人の日常生活における学習などの日本文化は、中国の文化に完全かつ深く影響されています。中国の旗北に発祥した仮面舞踊「蘭陵王」などの歌唱と踊りは、唐代に人気があり、唐代に日本にも伝わった。踊りは、伊勢神宮などの皇室のお寺の儀式である。

近年、日本経済の低迷と少子高齢化により、日本政府は継続的に中国の熟練労働者を吸収し、特別な帰化の地位を付与しています。

以上の観点に基づき、和志商事の企業文化と日中友好をきっかけとし、架け橋と考える「日中友好思い架け橋聯合会」が2018年に発足し、日中文化の旅を創造しました。 2019年、和志エステートを軸に[千年之約蘭陵王劇團]が設立され、2019年10月に国連から世界文化遺産に登録されている「中百舌鳥古墳群」の酒井が登場、接ぎ木しました。市まつりは、これまでにない日中友好の架け橋となりました。
今日では、古代から現代までの偉大な時代の物語がこの人々のグループを背景に書かれています。そして、2021年にむむどプロジェクトの「千年之約之博幻世界」の第一段階の建設が始まる予定です。このユニークなイデオロギーと文化の背景は、必ずすべての日本、すべての中国、さらには世界に影響を与えるユニークなファンタジーモードを確実に作成します。

前の記事

日本旅行

次の記事

自社商品